概要:

上行咽頭動脈、典型的には近位外頸動脈の前枝は、中咽頭、鼻咽頭、耳管、中耳、およびジュグアル球および舌下管に隣接する頭蓋底/硬膜の血管化に関与 潜在的なintracranialおよびextracranial anastomosesの富によって、AP動脈は~1つのmmの直径の近位サイズに比例してはるかにある大きい重要性を得る。 AP注射は、特に硬膜位置の血管病変の血管造影研究および塞栓術において非常に貴重であり得る。 我々は強く血管内命令の主要な目標としてAP解剖学の理解を強調しています。

成人解剖学および吻合ネットワーク

古典的には、AP動脈はまっすぐ上に進み、外頸動脈の前方に、内頸動脈の後方に、頸動脈鞘の外側にある。 その通常の処分では、APは非常に異なる役割を果たし、二つの部門で構成されています。 より前方の咽頭部は、上および中収縮筋組織のような鼻咽頭、中咽頭および下咽頭の後部および側壁の供給に関与する。 動脈は頭骨の基盤に達し、機会にlacerum孔および他のルートを通ってintracranial anastomosesがあることができます。 咽頭枝は、主に顔面動脈の分裂を伴う血行力学的バランスにある。

より後部の神経髄質幹は舌下および頸管に分割され、硬膜および脳神経の供給に関与する。 舌下分裂は舌下運河を通って入り、CNXIIを供給し、隣接する硬膜を血管化する。 それは、髄膜下垂体幹および中髄膜動脈の枝を有する豊富な吻合ネットワークを有する。 頸管部は頸管孔を通って入り、poserolaterally実行します。 それは硬膜を血管化し、s状結腸洞のコースに沿って走っている枝を送る。 Neuromeningealトランクの注入は他ではより大きい貢献の容器の注入で隠されるかもしれない他の硬膜の管の損害およびfistualsの調査で非常に貴重である場合もあ 神経膜枝のより近位の子宮頸管部分はまた、筋脊髄枝を介して椎骨動脈および歯状アーケードと側副する。 小さいが発生学的に重要な下鼓膜枝が中耳腔の供給に関与する。

画像

断面および非カテーテル解剖学

カテーテルangio画像を表示する前にCTおよびMRベースの技術のレビューは、非血管解剖学的関係を示すのに非常に役立 前angioイメージ投射の注意深い検討は頻繁にangioographicプロシージャの計画に貴重な洞察力を与える。

AP動脈は、ほぼ常に高品質のCT血管造影で見ることができます

解剖学的発達の程度に応じて、咽頭幹および神経筋幹も同様に解決することができる。

このレベルでの首のいくつかの追加の非血管構造

疾患の断面画像化: 時には、断面イメージングは、高級な右遠位ICA解剖(ピンクの矢印)のこの場合のように、驚くほど詳細な情報を示すことができます。 AP動脈(赤い矢印)とその咽頭(紫色)と神経膜幹(黄色)は有意に拡大し、対側APは正常である(すなわちほとんど見られない)。 解剖はわずか4日です。

絵画表現の概要:

APの頭蓋内枝:

A:神経膜幹

B: 典型的には、

C:互いに吻合し、MHT(L)

D:大孔孔を通って出てc3で吻合する下行枝(歯状アーケード)

E:上顎骨の頸管部典型的に供給する神経突起幹:

F:Dorello運河の近くのILTの外側の鎖骨枝と吻合する前枝

g:Dorello運河の近くのILTの外側の鎖骨枝と吻合する前枝

g:Dorello運河の近くのILTの外側の鎖骨枝と吻合する前枝: S状結腸洞壁に沿ったs状結腸洞枝、MMAの石質骨枝と吻合(J)、

Mhtの外側テント動脈、および後頭動脈transosseous枝(N)

H:下鼓室枝、中耳供給、ICAの頸動脈枝(N)と吻合(下記の異常頸動脈を参照)

H:下鼓室枝、中耳供給、icaの頸動脈枝(n)と吻合(下記の異常頸動脈を参照)

H:下鼓室枝、中耳供給、icaの頸動脈枝(n)と吻合(下記の異常頸動脈を参照)

H:下鼓室枝、中耳供給、icaの頸動脈枝(n)と吻合(下記の頸動脈を参照)

: APの咽頭部のLacerum枝孔、ILTの再発lacerum枝と吻合(M)

接着剤キャストAPのイメージング—非contrastヘッドCT上のAPの可視化を改善するためのan-BCA注射はどうですか? 数年前,この患者は後頭部硬膜ろう孔の積極的なn-bca塞栓術を受けた。 左APと右後頭部動脈の寛大なキャストが生成されました。

n-BCAキャスト。 下位から上位は1から4です。 接着剤キャストによるNBCAの注入は、神経髄膜トランク(赤)、舌下(オレンジ)および頸管(紫)のAP動脈の部分を概説し、接着剤キャストは、s状結腸洞に沿ってtorcular領域(青)、典型的には後髄膜動脈の領域に上昇する。 (4)

カテーテル血管造影

両眼視、AP動脈上の右後頭部動脈にも接着剤キャストが存在する。 頸管部の枝は舌下枝の側方にある。 後者は正中線に向かって走り、clivusの背に沿って上昇する。 すべての3つの咽頭枝がはっきりと見える、様々な咽頭動脈が開発されている程度に大きな変動があるとして、非常に頻繁に見られていない古典的な

後頭部-上行咽頭複合体
後頭部動脈と上行咽頭動脈との関係は非常に重要です(補足情報については上行咽頭ページを参照)。 上行咽頭動脈は、後頭部から”発生”することができ、咽頭後頭部変異体として知られている。 しかし、おそらくもっと重要なのは、上行咽頭自体が様々な領域を担当している—主な部分は咽頭幹と神経髄腔幹であり、後者は頸動脈と舌下腔に細分され、頭蓋骨はそれぞれの前頭葉を通って入る。 多くの変異体が実際に遭遇する—例えば、ECAから後頭部および咽頭からの神経膜幹の別個の起源、後頭部からの頸管または舌下分裂起源、上行咽頭からの休 下の写真は、これらのバリエーションの一部を示していますが、すべてではありません。
あなたはアイデアを得る。 ここでの実践的な教訓は、上行咽頭が基本的に存在するように見えても、後頭動脈(頸、舌下分裂)から分離された枝が対応する脳神経を供給することが 以下はいくつかの例です

後頭部起源舌下分裂
後頭部動脈から咽頭幹(球の矢印)と舌下分裂(白い矢印)の起源を分離します。 下舌骨は、後髄膜炎のterritory(a.ka.a. 後髄膜動脈の上行咽頭起源)
咽頭幹の遠位の診断カテーテル位置は、頭蓋骨の内側と外側のいくつかの吻合(白い矢)を介して歯状アーケード(破線の矢印)をopacifies舌下部(白い矢印)を分離します
DYNA CT-上記と同じ矢印。 S状結腸洞の溝にある後部髄膜動脈に注意してください(別名s状結腸洞の動脈—詳細については、髄膜動脈および中髄膜動脈のページを参照してくださ)
クロスアイステレオ
アナグリフステレオ

神経膜幹と咽頭幹の別々の起源—この患者の別の例

しかし、咽頭幹(黄色)と神経膜幹(赤色)は、咽頭幹(黄色)とは別に発生します。 後頭動脈-おそらく二つのトランクの異なる塞栓起源を反映しています。

ステレオビュー

AP咽頭起源オフICA

再び、この比較的まれな変異体は、咽頭幹と神経髄膜幹の発生学的起源を分離することを証明する(非常に異なる領域を与えられて予測されるように)。 咽頭幹(赤)は近位ICAに由来し、小さな下(オレンジ)と大きな上(黄色)の咽頭枝を放つ。 同側のECA注射から咽頭尾部幹を介して神経膜幹(紫色)が不透明化される。 以下の”異常頸動脈”の項を参照。

同じの別のケース、また上咽頭部からのsphenopalatineのanastomosisによって鼻の中隔の枝(黄色)をopacifying(緑))

自然がどのように本を読んでいないかのもう一つの例—この場合、咽頭、頸、舌下の3つの主要な部分すべてが別々に発生します。

咽頭部が近位ICAから外れている(標識されていない)

舌下分裂(白い矢印)は、後頭部動脈とは別に外れます。 頸椎の部分は実際にはここでは見られません

遠位後頭動脈に由来する頸椎部(破線の白い矢印)を見るには、DYNAが必要です。 咽頭は黒い矢であり、支配的な舌下分裂は白い矢である

しかし、もう一つの例—頸椎および舌下領域への供給がどのように可変であるか、上行咽頭成分の可変起源などを強調するために。

頸動脈および舌下領域への”neuromeningeal trunk”(矢印)供給による後頭部注射

上咽頭部下唇側副鼻腔炎

上行咽頭(オレンジ)の上の部門と担保下頸動脈(赤)を示す内頸動脈注射の二つの側方図。 胞子嚢の枝(紫色)も見える。

頭蓋底腫ようの場合の側方血管造影では、共通の咽頭尾頭幹を示す。 顔面神経の一部をしばしば供給する後頭部動脈のStylomastoid枝がよく見られる。 腫瘍の粒子塞栓術は、この血管の遠位から行うべきである。

側面図、pharyngo-後頭幹。 APと後頭動脈は共通の起源を持っています。 顕著な咽頭粘膜の赤面はpharyngeal枝の注入に頻繁にあります。 肥大した裂孔動脈は髄膜腫を血管新生させる。 この容器はlacerum孔と関連付けられる脳神経がないので塞栓術のための便利なルートである場合もある。 Lacerum枝孔は上咽頭枝から生じ、頸動脈と一緒に頭蓋骨に入る。 頸動脈のvidian枝と担保することができます。

この顕著な側方血管造影は、咽頭部の複数の頭蓋外-頭蓋内吻合を示している。 翼状片窩につながるAP動脈の翼卵膣(Vidian)吻合は、そこから円形孔(FR)の動脈が髄膜腫を供給するために頭蓋に再入力し、海綿状ICAの下外側幹と側副化する。 頸動脈枝(C)別名lacerum孔の動脈もきれいに見えます。 舌下部(H)は髄膜腫の供給に広く寄与している。 椎骨動脈への筋肉側副筋も存在する(V A)画像は、lasjauniasおよびBerenstein、初版から撮影されたものである。

若年性血管線維腫の上行咽頭および静脈動脈供給

鼻咽頭腫りゅうであるJNAの生検後に行われた緊急血管造影では,MV動脈からの広範な供給を示した。 また、上行咽頭動脈(オレンジ)とimax(ピンク)のスフェノパラチン枝(紫)から上行口蓋枝(赤)を介して同じ腫瘍の広範な供給に注意してください)

下鼓膜枝と異常頸動脈

小さいが非常に重要な枝は、咽頭幹と神経髄膜幹との間の側方突出部に見られ、中耳腔を供給することができる。 中耳では、頸動脈の頸動脈枝(peterousセグメント)、AICAのIAC枝、および後部耳介動脈の後部鼓膜枝と血行力学的バランスにある。 下鼓膜枝は、実際には”異常な頸動脈”を表すので、発生学的観点から重要である。”頸動脈の頚部部分が発達しない場合、中耳で行われる下鼓膜-頸動脈吻合を介してペトラス部分が再構成されるため、横方向に突出した異常な頸動脈が血管中耳塊として提示される。 (余談として、内頸動脈無形成の他のセグメントは、同様に、より高いレベルで再構成されている—例えば、原始上顎動脈、またはACOMを横切る再構成)下鼓室動脈は、glomus tympanicumの供給源としても重要である。

下鼓膜枝は二重矢頭で標識されている。

多発性髄膜腫の設定における下鼓膜枝

上行のpharyingealは近位ICAから生じる。 下鼓膜枝(破線の矢印)は、頸動脈枝(白い矢印)として頸動脈管に続く。 静脈相では、組織は、rektorzik(黒い矢印)の叢として知られている、漿膜頸動脈を取り囲む静脈叢に排出される。)

頸動脈管の同じ枝は、外頸動脈の注射によって不透明化される(DYNA CT画像、白い矢印)。 また、顔の神経のかすかに見られる動脈に注意してください(黒い矢印)

parietooccipital髄膜腫の患者における下鼓膜枝。 後髄膜動脈は上行咽頭動脈の頸管部から生じる。 下鼓膜枝は耳道を越えて突出し、異常な頸動脈の予想される経過に従う。

神経髄膜幹=赤、頸動脈=橙色、後髄膜動脈=紫、下鼓膜動脈=青、髄膜腫赤面=黄

異常頸動脈CT

青い矢印は、ICAの通常のコースを指しています。 赤い矢印は、中耳腔に突出した横方向に逸脱した”異常な頸動脈”動脈を示しています。 これは、通常は目に見えない下鼓膜動脈の経過に対応する。 の画像提供:食べログのhttp://www.radiologyassistant.nl/images/4a3ea4f5be088Afbeelding-3.jpg

異常な頸動脈-血管は、上記のように、MR、CT、およびangioで理解することができる中耳腔にそれをもたらす、骨(赤い矢印)内の特徴的な横方向のスイングを持 博士のケースの礼儀 ハワード-アントニー-リイナ

側方投影(黄色の矢印)にやや後方のコースを持つ血管造影上の同じ外観)

最後に、非常にクールなステレオ3D-dsa、外耳道内の異常なICAを視覚化します。

内頸動脈の上行咽頭供給-非異常変異体

ここでは、私の知る限りでは、発生学の既存の理論に反する傾向があります。 残念ながら、カテーテル血管造影はありません。 CTAは、左側に小さいが、それ以外の場合は「正常な」頸動脈管(緑色の矢印)を示しています。 中耳腔への血管の拡張を示唆するものは何もありません。 右にはノーマルキャリバー(青)があります

CTAの湾曲したMIP画像は、甲状腺頚部幹(赤)のレベルに由来し、頸動脈管(緑)を満たすために上昇する血管を示す。 上咽頭動脈(黄色)の小枝が見られる。 この動脈から生じた識別可能な神経髄質幹はなかった。 それで、これは上行咽頭ですか? それは”異常な頸動脈”の性質に従うべきであり、これはそうではないので、その真の意味ではありません。 上行子宮頸動脈は、APよりもICAの近い相対的なものですか? 知らない 提案は歓迎します。

右のICAは口径が正常ですが、完全にそうではありません。 この湾曲したMIPはECAを欠いています

ボリュームレンダリングされた画像は、腕頭動脈(青い矢印)から右ECAとICAの別々の起源を示しています…いくつかの処分は説明を無視します。

永続的なStapedial動脈-これは別のまれな変種です。 同様に、下鼓膜-頸動脈の接続は、髄膜動脈の上行性咽頭再構成をもたらすが、持続的な下鼓膜は、顔面神経アーケードを作るMMAの髄膜枝を介して中髄膜動脈への胚接続を維持することができる。 発生学的には、中間髄膜動脈はIMAXに属しておらず、代わりに原始舌骨動脈を介してペトルースICAから生じる。 舌骨は下鼓膜に接続し、これは吻部(この時点でstapedial動脈と呼ばれる)を通過し、顔面アーケードを介して最終的にMMAであるものを供給する。 この接続は、私たちのほとんどのための成人期に初歩的です。 しかし、いくつかのケースでは、上行咽頭-下鼓膜-ペトロス-MMA接続が持続する。 簡単に言えば、MMAは上行咽頭の枝です。 これはMRAでの例です。Eytan Raz博士の画像の礼儀です。 青-下鼓膜枝;赤=stapedial;黄-petrous/水平顔面神経管枝; 白=

Iacはオレンジ色で、右APは秘密の黒で軸方向のビュー、。

神経髄腔トランク:

頸管部:

頸管部は頸管孔に入り、そこで関連する脳神経と隣接する硬膜を供給します。 それは、舌下部の枝、後半月板動脈、およびテントの動脈と付随する。 頸管分枝はs状結腸洞に沿って横方向に走る傾向があり、舌下枝は背側のsellaに向かって前方に突出している。 この部門の診断注射は後窩および他の病変の研究に非常に有用であり得るが、CN IX、X、およびXI麻痺のリスクがあるため、塞栓術は危険である。

青色の矢印は、s状結腸洞に隣接する硬膜瘻を指しています。 頸管部(赤)のs状結腸枝(紫)は、s状結腸洞の上および下の硬膜反射(かすかな赤面、青い矢印)の両方に沿って走っている、この注射でよく実証されている。 咽頭枝は緑色の矢印で標識されています。

同じ患者のAPビューは、再びs状結腸洞(青)と一緒に実行されている頸椎分割s状結腸枝(紫)を示しています。 緑色の矢印は、海綿静脈洞領域に向かって突出している基底テントアーケードを指しています。

複雑な海綿静脈洞硬膜瘻の場合の側方突起。 瘻孔は、背側セラに沿って上昇する舌下部のclival枝によって広範囲に供給される。 この地域の硬膜全体が関与しており、無数の動脈と細動脈が背側のセラをカーペットしていることは明らかである。 これはかなり頻繁に見られます。 このような症例の外科的曝露の間、硬膜は小さな血管の仮想シートとして見られる。

頭頂後頭骨髄膜腫”en plaque”患者における後髄膜動脈の頸管部起源

神経髄膜幹=赤;頸管部=オレンジ;後髄膜動脈=紫;下鼓膜動脈=青; 髄膜腫赤面=黄色

S状結腸洞瘻、神経髄膜幹:

s状結腸洞瘻へのs状結腸枝供給の別の実証であり、後頭および側方テント(MHT)枝によっても供給されてい また、外側に歯状弓枝と誤解される可能性のある瘻孔への筋骨格枝の寄与にも注意してください。

赤=神経膜幹およびその頸管部;白=s状結腸枝;黄=舌下部;ピンク=筋骨格枝;緑=上咽頭枝;紫=下鼓膜?

頭蓋底髄膜腫を有する患者における神経髄質幹のマイクロ注射。 正面図では、頸椎部は横方向に、舌下部は内側に突出しています

Moya-Moyaおよびsynangiosesの設定のJugular枝そして広範なanastomoses。

両側Moya-Moya、両側硬膜synangiosis後およびバリ穴を有する患者(この症例の残りの部分については頭蓋内側副経路を参照)。 上にステレオ画像のペア,白で硬膜/動脈血管系と黒で静脈流出,横/s状結腸洞の硬膜鞘内を実行する動脈アーケードを概説,部分的にneuromeningealトランクの頸枝によっ 中間髄膜枝および後頭枝を有する吻合は明らかに実証されている。 これらの動脈はしばしばs状結腸洞硬膜瘻の供給に関与する。

•赤-上行咽頭動脈、神経膜幹

•ピンク–上行咽頭動脈、頸枝

•青–中髄膜動脈、基底テント枝

•紫–中髄膜動脈、基底テント枝

•白–基底テント枝とペトロスクアモス枝の間の吻合接続

•緑–乳様分枝、後頭部動脈

•黄–小脳窩分枝、通常は後頭部動脈から。

舌下突起部:

舌下分裂は舌下孔を通って入り、そこでCN XIIを供給し、隣接する硬膜を供給するいくつかの血管に分岐する。 前頭突起では、内側にコースがあり、頸椎部は横方向に行く。 側方突起では、それは頭蓋骨の後部に入り、頸椎部よりも低い。 その血管は、頭蓋の内側に内側および前方に一度突出する傾向があり、(しばしば瘻孔および髄膜腫を供給する)頸管部の枝は、s状結腸洞に沿って横方向に走る傾向がある。

s状結腸洞硬膜瘻患者の側方AP注射。 両方の神経髄質幹部門(舌下下部および頸椎部の後部)は、瘻孔の後ろに沿って走る複数の枝を瘻孔に供給する。 咽頭部から様々な頭蓋骨基部foraminaを介して追加の供給ルートも存在しています。

歯状骨アーケード

歯状骨アーケードは、APと椎骨動脈の両方がC1-C3レベルで相互に接続できる経路を表しています。 アーケードは、APおよび椎骨動脈の枝によって形成される。 それは、歯状突起およびc2体の後ろを通って、歯状突起および上部頚部領域の概要を概説する。 アーケードは次のように形成される:1)舌下分裂は舌下運河に入る。 2)この部門からの下行枝はmangum孔から出、densおよびC2ボディの背部に沿ってinferiorely先頭に立ち、最終的にc3レベルで椎骨動脈と吻合します。 3)C1およびC2レベルの横断枝は、この下行枝からその対側相同体に突出し、最終的に対側椎骨動脈および上行咽頭動脈に接続する。 したがって、APおよび椎骨動脈の両方が互いに接続されるシステムが存在する。

基本的に、歯骨アーケードは脊柱管の腹側硬膜外動脈アーケードの一部である—詳細については、脊髄動脈の解剖学を参照してください。 歯状突起は一種の”面白い骨”であるため、アーケードは、頸部、胸部、および腰椎の他の場所の菱形の構造と比較して、このレベルでわずかに異なって見えます。 しかし、それは同じことです。

この患者では舌下部の下行枝(赤)が比較的顕著である。 頸椎部および舌下部の他の枝は見えない。 咽頭幹の上枝(紫色)が支配的である。

C3レベルでの高悪性度椎骨動脈狭窄を有する患者におけるAP動脈のapおよび側方骨およびネイティブマスク注射。 FMを出てC1とC2の後部側面に沿って走っている舌下divisonの下行枝は、側方突起によく見られます。 APでは、それは正中線外であり、その対側ホモログに枝を送る(目に見えない)。)

歯槽骨アーケードの絶妙なデモンストレーションと右舌下分裂マイクロカテーテル注射のAPビュー。 右舌下部の下行枝は、対側AP吻合と椎骨動脈の可視化でアーケードをopacifies。 アーケードは、右舌下分裂の残りの部分が塞栓され、それによってアーケードに流れをそらすので、有利に見られる。

歯槽膿漏、歯槽膿漏、歯槽膿漏、歯槽膿漏、歯槽膿漏、歯槽膿漏、歯槽膿漏、歯槽膿漏、歯槽膿漏

上行咽頭注射のAP(上)およびlatearal(下)ビューは、非常に有益な所見の数を示しています。 咽頭幹(緑色)上枝は、上行口蓋動脈(青色)とvidian動脈(黄色)を吻合し、小さな赤面(赤色)を有するpetrous ICAをopaficiesする。 神経膜幹(白)舌下枝は、別の小さな頸動脈赤面(赤)と近位海綿状頸動脈aレベルを再構成する顕著な上行鎖枝を示しています。 舌下部の下行枝(緑色)は、歯状弓の様々な成分(黒い矢印)を不透明にする。 顕著な筋脊髄枝(青)は、椎骨動脈(ピンク)を再構成する。

同じ症例では、AP注射で漸進的に不透明化された顕著なvidian動脈(黄色)を有するICA注射を伴う。

歯状突起を経由した上行椎骨から前脊髄(紫色)吻合—APから椎骨および前脊髄動脈に同時に塞栓したい人のために、道は歯状突起を介して行われます。 このAP(内頸動脈から直接発生する)は、歯状アーケード(ピンク)を介して前脊髄動脈(紫色)をopacifiesし、これも椎骨動脈(不協和音黒)を示しています。 前脊髄動脈へのC3の寄与は逆行性に不透明化されている(青色)。 鼻中隔枝(水色)は、上咽頭動脈接続を介してスフェノパラチン動脈(黄色)に不透明化される。

M1解剖を有する患者における椎骨動脈および内頸動脈の両方の上行咽頭動脈再構成。 自発的な右m1解剖を持つ子供。 右ICA流出は減少し、すべての硬膜枝はよく見られる。 下顎骨動脈(赤)は顕著であり、上咽頭部を通ってAP注射を介して活発に不透明化される(写真の下のセット)。 また、歯状弓を介して存在する椎骨動脈との側副連結もある。

赤=下顎骨枝;オレンジ=後鼻咽頭の粘膜赤面; ダークブルー=上行咽頭、上部(左下のAP上行咽頭突起にも見える対側側);紫=ILT;ピンク=MHT;黒=下垂体赤面;黄=PCOM;白=前脈絡膜;緑=前髄膜(眼科オフ、外側ICA投影上の視野外の起源);ダブルグリーン=上行咽頭動脈の神経髄膜部の歯状弓;ダブルレッド=椎骨動脈。

持続舌下動脈(PHA)

これは本質的に舌下分裂である。 この血管の関連する起源については、血管神経胚学のセクションを参照してください。 手短に言えば、舌下動脈(APの別名舌下分裂)は、初期の胎児期に外頸動脈と椎骨系との間の吻合として機能するメタメリック血管である。 通常、vertが発達するにつれて、これらの分節吻合(三叉神経および前舌管も含む)はほぼ完全に退行するが、決して消えることはない。 椎骨動脈が発達しない場合、hypoglssalは問題の領域を供給する一つの方法を表します。 それは本質的に椎骨動脈と頭蓋内に吻合するAPの肥大した舌下部である。 MRI(下記参照)では、血管は舌下運河に入るときに間違いなく同定される。 AngioでPHAを見るときは、PHAから離れているか、他の場所から来ているAPの他の枝を探してください。

3-D TOF MRAは、永続的な左舌下動脈を実証しています。

大きな持続性舌下動脈(茶色)を示す別の患者のカテーテル血管造影。 対側椎骨動脈の注射は、PICAの遠位の初歩的な椎骨セグメント(青色)を示す。 脳底レベルでは、PHAは椎骨コントラスト(黄色)で洗浄する。

筋脊髄枝:

この枝(または枝)は、典型的には、C3レベル(可変)の神経膜幹に由来し、隣接する頸部筋肉、頸部交感神経節、およびCN XIの枝に由来する。 これらの枝は、典型的には、椎骨、上行、および深部子宮頸動脈を有する広範な吻合を有し、上行咽頭動脈からの不注意な頭蓋内塞栓術の可能性がある。

C3レベルでの高悪性度椎骨動脈狭窄を有する患者におけるAP動脈のapおよび側方骨およびネイティブマスク注射。 神経膜幹(青い矢印)の筋骨格系の枝は、c1およびC2レベルで狭窄領域の遠位に椎骨動脈の流れを再構成している。 また、同様に再構成に参加してよく発達した歯槽骨アーケードに注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。